2015年04月25日

「境界のないセカイ」1巻

いろいろありましたけれど、1〜9話を収録した第1巻がKADOKAWAさんから4/25発売です!
kyokai_1b.jpg
18歳になったら自由に性別を選べる近未来のお話。
高二の終わりの春休み、勇次の家に久しぶりにやってきた従兄弟の啓太郎が女になっていたからさあ大変!な感じのラブコメです。

タイトルから以前成年向けで出した「性転換教室(連載時タイトル:境目のない世界)」を思い浮かべる方もいらっしゃるでしょうが、世界観はほぼ一緒なものの続編というわけではなくて完全な新作です。
全年齢向けの間口の広いコメディを目指して描いていますので、前作を知らなくっても「性転換モノ?ナニそれ?」って方でも普通に楽しんで頂けるはずだよ!


書店特典・電子書籍版などの情報はこちら↓
続きを読む
posted by 幾夜大黒堂 at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 単行本

2015年04月07日

「雨の奇憶」無料公開


KADOKAWAさん拾ってくれてありがとう記念!ということで、昨年夏コミで発表した艦これ同人誌「雨の奇憶」をPixivで公開しています。
失われた艦娘の記憶をテーマにしたちょっとフシギ系のお話だよ!
タグ:艦これ
posted by 幾夜大黒堂 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 同人誌

2015年04月02日

「境界のないセカイ」第一巻発売予定と移籍掲載誌

単行本、出ます!
kyokai_1.jpg
発売予定は4/25(たぶん)、カドカワコミックス・エースレーベルから580円+税!
予約ももうできるのかな?境界のないセカイ (1) (カドカワコミックス・エース)
収録内容は以前予定していたものと同じく第9話まで+ほんのちょっぴりオマケとか。
今なお作業進行中だったりもするんでホントに今月間に合うのかドキドキしてますが、超特急スケジュールで進行中です、ハイ。
でも今度はちゃんと出ますので怖がらないでポチッと予約していただけると嬉しいです!

そして掲載誌は少年エースさんのお世話になる予定です。単行本の続きの10話からの掲載になります。
これまで読んで下さってた方には見たことある話になっちゃいますけど、それが掲載されてる間に続きの16話以降を私が描き溜めるって作戦ですよ…!
でも少年エースって…あの漫画やあの漫画と同じ誌面に載るのか!?と本人が相当困惑気味だったりしますが(どこに行ってもいつもそうなんだけどさ)、載る以上は全力で!がんばります!
posted by 幾夜大黒堂 at 13:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 商業誌

2015年04月01日

「境界のないセカイ」内定とれました。

20150401.jpg
連載中止の発表から二週間、お声をかけていただいたり自分からお願いしたりした出版社さんといろいろお話ししてきました結果、「境界のないセカイ」の連載を継続させていただけるところとお話がまとまりました。
正式な発表はまた後日になると思いますが、ご支援ご声援いただいた皆様への感謝とともにご報告をさせていただきます。
本当にありがとうございました。

ですけど実際に続きの原稿が形になり掲載されるまでは「まだ再開へいたる道の途中」ですので、ここで改めて気を引き締めていきたいと思います。
というわけで皆様、これからもよろしくお願いいたしますー!
posted by 幾夜大黒堂 at 00:00| Comment(9) | TrackBack(0) | おしらせ

2015年03月15日

「境界のないセカイ」マンガボックス連載終了のお知らせ

【※追記】
「境界のないセカイ」はKADOKAWAさまの月刊少年エースに連載移籍が決まり、単行本もKADOKAWAさまから発行されることになりました。
応援下さいました皆様、ありがとうございました!


「境界のないセカイ」は本日公開の第15話をもってマンガボックスさんでの連載を終了することになりました。
これまで本作を楽しみにして下さっていた皆様、力及ばず申し訳ありません。

この先話が長くなるのでまず要点を先に書きますと。
 @「境界のないセカイ」の講談社からの単行本発売はなし
 A「境界のないセカイ」のマンガボックスでの連載は15話で打ち切り
 B「境界のないセカイ」企画の再建先を募集中
 C「境界のないセカイ」以外でもお仕事募集中
……ということです。

20150315.jpg

連載中止の理由ですが、講談社さんからの表現上の問題から単行本発売中止決定し、これによりマンガボックスさんが本作で収益をあげられる見込みがなくなったことです(詳しい経緯はまた後述します)。
単行本発売中止の発表からこれまで、問題箇所の修正を前提に改めて発売へと向かえないか交渉を行ってきましたが、残念ながら決定を覆すことはできませんでした。

20150315_1.jpgしかし連載中の本作は人気が無かったわけではなく、50余りあるマンガボックスさんの作品中でもこれまでずっと人気上位の方いたようですし、当初はAndroid版アプリで非公開だったものの13話からはAndroid版でも読めるようになり読者も増えて、これから!というところでした。
作者としては当然ですが、せっかくそこそこ人気も出てきて読者さんもついてくださっている作品をこのまま終わらせてしまうのは勿体ないと考えています。
それで現在幾つか伝手のある他の出版社さんに連載の移籍ができないか、打診を始めております。


ここをご覧になっている編集・出版の方へ
もしこの連載企画の継続(またはリスタートでも)について興味をお持ちくださるようでしたら
 メールアドレス ikuya☆ikuyadaikokudou.sakura.ne.jp(☆を半角@に)
または
 twitterアカウント ikuyadaikokudou
までご連絡下さいませ。
とりあえず、3月末まではマンガボックスサイト上で1〜3話及び最新話は確認できます。
それ以外の話数についてもデジタルデータは私の手元にありますので、いつでもお見せすることは可能です。
よろしくお願いいたします。

【3/18追記】おかげさまでたくさんの出版社さまや他のイラスト関係の会社さまからお声をかけていただきました。本当にありがとうございます。
思ったいた以上に多くのご連絡をいただけたものですから現在私の方が対応しきれなくなりそうでして、後から見に来てくださった方には申し訳ないのですが一旦募集を止めさせていただきます。
情報拡散に協力してくださった皆様、ありがとうございました。

それと急に仕事がなくなったのもですから、私のこの先のスケジュールがポカーンと空いております。本件に関わらなくともお仕事お受けできますので、そちらの方でもご連絡お待ちしております。
【3/21訂正】下段に削除線入れるの忘れてました…

読者の皆様へ
上に書いたように連載継続に向けて働きかけてはおりますので、いつになるかは判りませんがまた続きを公開できることをお待ちいただけたら幸いです。
そして今回の連載中止に関してはマンガボックスアプリ/サイト上での告知はされないと思うのでこのことを知らない他の読者さんや、また一人でも多く出版業界の方の目にとまるようにSNS等での情報拡散などにお力を貸して頂けると助かります。

もし本作の移籍・継続が叶わなかったとしても、その時は商業単行本とは違う形になりますがこれまで執筆した分をまとめたいと考えています。
どうかよろしくお願いいたします。

続きを読む
posted by 幾夜大黒堂 at 00:00| Comment(77) | TrackBack(2) | 商業誌