2011年08月10日

単行本「性転換教室」

7冊目の単行本。2011年8月10日発売です。
sakaime_l3.jpg
sakaime_all.jpg
収録されるのはペンギンクラブ誌上で連載していた「境目のない世界」全10話。
大人になったら自分の性別を自由に選べるようになった世界で、成人を翌年に控え性転換を志望する学生達のお話です。
「性転換が一般化した世界でのHを描く」ことをテーマにしているので、普通の男女はもちろん元♂だとか異性装とか色んな人々が出てきます。
単行本化にあたって描下ろしでエピローグとか追加してます。

作品内容の詳細は成年向けのブログの方をご覧下さい。



携帯配信版も2012年夏頃から読めるようになってるみたいです。
posted by 幾夜大黒堂 at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 単行本
この記事へのコメント
初めて貴方の本を買わせていただきましたが、物語の作り方、表現力、感情描写ともに、成人コミックのつもりで買わせていただいた目的を忘れて、エピローグで涙流して感動しました。
ほかの作品も探して購入させてもらうつもりでいます。

この感動をありがとうとともに、もしよかったら同人ゲーム的なシナリオ重視の執筆も読んでみたいと期待しちゃいます。
今後ともぜひがんばってください!
Posted by ぴこはん at 2011年10月19日 14:57
> ぴこはんさま
ありがとうございます!褒めすぎな気もしますけど!

他の作品もーということですけど、性転換教室と他の作品ではテイストが結構違ったりすると思いますので…。
物語に重きを置いた作品をお求めであれば、
「姉と女装とエロ漫画家」「白濁の翼 アザナエル」
あたりから読んでいただけると良いのかなー…と思います。。
他のは読切り短編・コミカル路線だったりするので「全然違うじゃん!」って思われそう。
Posted by 幾夜 at 2011年10月19日 18:16
遅まきながら、『性転換教室』を読ませていただきました。

友人に薦められて読んだのですが、TSに対する新しい切り口がとても斬新で、こうしてコメントを書かせていただきました。
お話をとても楽しめただけ、これが1巻完結だ、というのがとても残念でなりません。
できるならば、同人誌以外でもこの作品を見続けたいと思えました。

これからもがんばってください!応援しています!
Posted by ひよこ at 2011年10月28日 18:49
>ひよこさま
ありがとうございます−!嬉しいお言葉です!
描いた側としては「よく単行本1冊分続いてくれた」って感触なんですが!
がんばります!
Posted by 幾夜 at 2011年10月29日 20:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46698330
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック