2008年08月19日

いくらなんでもその翻訳は無いんじゃないかと。

ちとブログのアクセス解析を見てたところ、Googleの英訳サービスからのアクセスに気がつきまして。
たまたま英語圏の方がいらっしゃったのか、もしかして海外の方でウチのこと気にしてくれてるんだったら嬉しいなあ、なんて眺めてたんでですわ。

私がこのブログで書いてる日本語ってかなり崩れた日本語なので、ちゃんと翻訳できるのかいな?と心配してみれば、予想通り変な訳になってて面白いのですけれど。

予想の斜め上を行く変な訳も混じってまして。
ここなんですけども。

20080819.jpg


「コミケ」が「 Zero no Tsukaima(=ゼロの使い魔)」と訳されてるって一体どういうことなんでしょうね?!
翻訳エンジンの人にとってコミケはルイズ本のためだけにあるってコトなんでしょうかねー?
中の人は何やってんだろgoogle。

*** 追記 ***
あまりにあんまりなので改善メッセージ投げておいた。
そーやって一般ユーザーが改善要求するから変な翻訳ワードができるのかなぁ?
posted by 幾夜大黒堂 at 13:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・駄文
この記事へのコメント
翻訳などについては、自分も全く素人なのですが、
Googleの資料によると、大量の文章を統計的に分析して、
関連性があると思われる単語同士を結びつける手法のようですね。

http://www.google.co.jp/help/faq_translation.html

でも、「コミケ」が「 Zero no Tsukaima」って
統計の元になったのは、いったいどんな文章なんだろう(笑)
Posted by MAROYAKA at 2008年08月25日 00:28
おー!そーでしたか。
未知の単語はWeb上の文書から解析してるってコトなのかなー。
和文・英文両方揃えたテキストでなければ関連付けも難しいと思うんだけど…普通どっちか一方の言語でしか書かれませんもんね。
どうやってるんでしょうね?新聞社のサイトとかなら和英そろってそうだしその辺からサンプリングしてるのかなー?興味深々。
Posted by 幾夜 at 2008年08月26日 03:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18144606
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック