2008年02月23日

催促の仕方。

リクエスト云々というのを昨日書いたのだけれど、それに似たような話を一つ思い出した。

暫く前によそのイラスト系ブログをやってる人と話した時のこと。
その人のサイトもWeb拍手置いてて訪問者がコメント残せるようにしてあるらしく。
で、暫く忙しくて更新できずにいたところに
「遊んでないで早く更新してください」
的なコメントが書かれてたそうな。
それを見て、激しく更新する気が失せたんだと。

なんかね、その気持ちよく解るんだわ。
学生時代にTVを観るのを切り上げて居間から勉強部屋に移動しようとしたタイミングで親から「勉強しなさい」って言われたような感じに近い。経験ないかなぁ?
コメント残した人も、更新を楽しみにしてるファンの一人であって、更新を期待するが故の言葉だったはずなのにね。

プレッシャーをかけるような励まし、命令っぽい言葉は逆効果になることが多い気がするんだ。
受け取る側が好意的に理解してあげられれば良いんだけど、いつでも心に余裕があるわけでもないし。
趣味的にサイト運営してる人の場合、それでポッキリ心が折られてしまうこともあるかもね。

じゃあ更新を待ってる気持ちをどう伝えれば良いんだろ?
自分が言われてヤル気になる言葉を考えると…たぶん、
「楽しみにしています」
かなぁ?
更新してほしいと言うのではなくて、更新されたらどう感じるであろうかって事を伝えるのがベターな気がする。
管理人も訪問者が喜んでくれる事を期待してサイト運営してるわけだし、そのへんの気持ちをつついてあげられたらいいんじゃないかなー。
もしかして管理人の気弱が過ぎると、期待の言葉もプレッシャーになるかもしれんけども…。

結局自分が言われて嬉しい事を言ってやれ、ってゆー当たり前の話なのかね。







以下余談。

拍手やコメ欄置いてるブログの管理人が、こーゆー事自分で言ってるのも甚だカッコ悪いとは思う…。
でも、このエントリとか需要があったみたいだし。
描き手側が何て言われると嬉しいか、っての表明しとくと巡り巡って誰かがハッピーになってくれたりするんじゃないかなーって期待してみる。
うん。
だといいな。
posted by 幾夜大黒堂 at 10:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記・駄文
この記事へのコメント
更新されるとヤタ!って感じですかね。いつも気を長くして、楽しみに待ってますよ〜自分。
滞った時には、「忙しいのか?」とか「風邪か?」などと気を使う事も大切だと思うのですよ。(ファンとして
Posted by VR-4 at 2008年02月24日 01:02
うん、殆どの方はそんな感じでみてくれてると思ってます。ありがたやー。
ここで書いたような事を言っちゃう人って1000に1人以下ぐらいなんじゃなかろうかー。多分。

もしかしたらうっかり書き方を間違えただけ、って事なのかも知れない…って今思った。
気を抜いた状態で書くと言葉足らずになったりするとか…自分でも思い当たるふしはあるからなぁ。
Posted by 幾夜 at 2008年02月24日 22:58
「まだかなまだかな〜」って感じかな。
待ち遠しくて楽しみ、みたいな。
自分も毎日毎日読んでる訳じゃないし、
まぁ充分満足してますよo(^-^)o
Posted by おと at 2008年02月28日 08:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11308837
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック