2017年12月31日

おしらせ

2016/04/28更新
最近のお仕事
 「境界のないセカイ」連載完結しました
 艦隊これくしょん -艦これ- 電撃コミックアンソロジー
     佐世保鎮守府編 (11) 香取先生漫画10P

今までやったお仕事とか

単行本情報
■「境界のないセカイB」カドカワコミックスエース 2016/04/26発売
 性別を選べる近未来が舞台の3つの恋と少年の成長のラブコメディー。完結。
■「いくじなしの恋」芳文社 2015/12/16発売
 現代の日常を舞台にしたライトエッチ短編集。
■成年向単行本 「性転換して自分自身とHしたい!」 富士美出版 2013/04/25発売
 「セルフチュー」シリーズ「鏡の悪魔」シリーズ等々を含む”すこしフシギ系”短編集。
■「ふぇちっくす!B」メテオコミックス 2013/06/12発売
 暴走お姉ちゃんと女装弟のドタバタ漫画、完結。
今までに出した単行本とか

同人活動
■C86新刊「雨の奇憶」
艦これ夕立本 全年齢向け Pixivで無料公開中
■C86新刊「雨の奇憶・補」
艦これ夕立×時雨本 成年向け BOOTHにてDL販売中
■成年向けオリジナル女装漫画「CROSS×DRESS Afters」
「CROSS×DRESS」シリーズ6作をまとめた総集編 DLsite.comにてDL販売中
■成年向けオリジナル漫画「境目のない世界Append」
「性転換教室」のスピンオフシリーズ5作をまとめた総集編 DLsite.comにてDL販売中
posted by 幾夜大黒堂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おしらせ

2017年07月27日

艦隊これくしょん -艦これ- 電撃コミックアンソロジー 佐世保鎮守府編 (13)

電撃さんの艦これアンソロジーに四駆(嵐/萩風/野分/舞風)マンガを描きましたー
艦これアンソロ13.jpg
ですが作中でセリフにミスがありまして…萩が野分のこと「のわっち」って呼んじゃってるトコが。
元は嵐に言わせるはずだったとこを発言主萩に置き換えたけどセリフそのまま直し忘れた感じで…この告知用の萩描いてる途中に「あれ…あそこ直したっけ…直してなーい!!」って気がつきました。
四駆ファンの皆様ごめんなさい。ごめん萩、ごめんのわっち…!
タグ:艦これ
posted by 幾夜大黒堂 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 商業誌

電撃PlayStation Vol.643

電撃PlayStation誌の月イチ付録マンガ誌・デンプレコミックにて「ボク姫様と乙女主義」の連載が始まりました。女装少年が女子学園に潜入するタイプのラブコメギャグ4コマです。
ボク姫1.jpg
これは日本一ソフトウェアさん(原作:プリニー店長さん/キャラ原案:松島史佳さん)の女装ADVゲーム企画の第一弾ということで、公式アナウンスによると「いずれ発売するかもしれないAVGを原作にしたラブコメ」なのです…!
連載開始と同時に日本一さんの「ボク姫プロジェクト」公式ツイッターがスタートいたしまして、企画開始にともなうキャンペーンとかもはじまっておりますのでよろしければご参加くださいませー。




posted by 幾夜大黒堂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 商業誌

2016年11月14日

隨性所欲的世界(1)

どうもお久しぶりです。新作のネームを書いちゃ消しちゃしながらダラダラ生きてますよー。

境界のないセカイの台湾版1巻が本日発売っぽいです。
https://www.kadokawa.com.tw/p1-products_detail.php?id=1193nh2IO6y4sAMXbe3p8qUWePEFLVZSIKPa4lvy8VWe
kyokai_tw1.jpg
「限制級」って年齢制限がかかる区分のようですが(詳しくは知らないです…)、台湾の皆様見かけたらよろしくお願いしますね。
posted by 幾夜大黒堂 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 商業誌

2016年06月27日

バレットガールズ2 電撃コミックアンソロジー

PSVitaのゲーム・バレットガールズ2のアンソロジーに原稿描きましたよー。
バレットガールズは女の子同士が銃でバンバン撃ち合うTPS。
特徴は撃たれたときに死んだり怪我したりする代わりにバリバリと服が破れていくというところ…ちょっとHな脱衣TPSですね!
軽量版.jpg
bg2.jpg
私が描いたのは岬守との再戦にむけてお悩みを抱えたエルダ学院メンバー&購買部のお話です。

なおこのアンソロジーコミック、ゲームで使えるDLC「おブラ&おぱんつ セーラーむんむんセット」も付いてくるよー!



posted by 幾夜大黒堂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 商業誌